トップページ

あまがさき法務事務所では在留ビザ申請をフルサポートします!

下記のようなお困り事はありませんか・・・・?

  • 日本で起業したいが会社設立や在留ビザ申請ってどうすればよいかわからない!
  • うちの会社で外国人を雇用したい!
  • 自分のレストランに外国人コックさんを呼びたい!
  • 国際結婚するんだけど、配偶者を日本に呼び寄せるにはどうしたらいいの?
  • 日本で働くことになったが、家族も一緒に日本に連れて来たい!
  • 大切なパートナーが日本にできたので本国に帰りたくない・・。

上記のようなお悩みをお持ちの方々がいらっしゃると思いますが、日本で外国人が滞在し続けるには、確固たる理由が必要となります。例えば就労の場合は、ただ単に「いい人だから会社で雇いたいなあ。」などの理由では日本での在留ビザ取得は困難です。まず、外国人が日本において就労は勿論、長期において滞在することは非常に難しいことだということをご理解ください。それでもその外国人を招聘したいという確固たる理由をお持ちの場合は・・・
当事務所が全力でサポートさせていただきます!

在留ビザ取得

「在留資格」と「ビザ」

一般的に言われている日本で滞在(在留)するに必要な「ビザ」は正しくは「在留資格」といいます。本来、ビザとは「査証」のことであり、在外公館が発行する、その国へその人物が入国しても差し支えないと示す証書のことです。また、「在留資格」とは日本に在留して行うことのできる活動等を類型化したもので、この「在留資格」が認められるか否かが外国人にとって日本で滞在(在留)し、活動をしていけるかの大きなポイントとなります。

つまり「ビザ(査証)を取得して入国」+在留資格を取得して活動」の2ステップと考えていただければわかりやすいと思います。

日本に滞在する外国人は、本来のビザと「在留資格」を一緒くたにして在留資格のことを「ビザ」と読んでいますが、むしろ「在留資格」のことをビザと呼ぶことが一般的になってしまっていることから、当サイトでも「在留資格」のことを便宜「在留ビザ」と表記しております。